読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなモノだけに囲まれた暮らし

賃貸の2LDKに“わたし・オット・息子”の家族3人で暮しています。マイホームの様な凄くステキな空間は作り出せないけど、“持たない暮らし”の中で工夫して“毎日気持ち良く” “おしゃれ♪なんてときめいたり”そんな“好きなモノだけに囲まれた暮らし”を目指しています。


本を家に置かない選択。

持たない暮らし

私は本が大好きです。

といっても難しい本では無く、

お掃除の本や家事の本、子育てのヒントなど。。

妊娠中からよく本屋さんで好きな本を探して読むのが大好きでした。

読みたい本をのんびり本屋さんで探して、

隣の併設しているカフェでのんびり読むのが、この上ないリラックスでした。

ただ、息子が産まれるので

部屋の断捨離を行った際、

独身時代からの主人と私の本をたくさん売る事にしました。

本を家に置かない選択。

「本のスペースがもったいない」

そう思ったときに、

「今でも何度も手にとり読む本は、ほんの一部」というコトに気づきました。


またいつか行ったら使うだろう “旅行のガイドブック” 

料理やお弁当のアイディアにとっておいた “レシピ本”

中身は全然記憶にないけど “表紙が気に入っている本”

また時間ができたら取りたいと思っている “資格の教材”


様々な理由で何となく手放さずに手元に置いていました。

ただ、実際に読み返した本はほんのわずかなのです。


今までも何度か家の中の断捨離をして、

本も大量に読まないと思ったものは売っていました。


今回、息子が産まれてくるために思い切って売った本は100冊にのぼりました。


残した本は主人とあわせて10冊程度。

テレビ台の下の小さな引き出しに入る分だけです。

f:id:st_home1:20170130225251j:plain





電子書籍はどこでも空き時間にさっと読めるのでとても気に入っています。
中古で読んですぐ売ってしまうのもいいかもしれません。



100冊程の手放した本は

近くのブックオフに売りに行ったのですが、

100冊で2000円程でした。

1冊2円のものも多数ありました。

新品で買い、帯付きのまま売っても旬を過ぎていれば価値は下がります。



それから本は図書館と電子書籍を利用しています。

私の住んでいる市は、

借りたい本をネット予約ができ、準備が出来たらメールで知らせてくれます。


小さな息子がいるとなかなかゆっくり図書館で

本を探す事も出来ないので、

用意して受け取るだけにしているのでとても気楽に利用出来ます。

また、たくさんの本を読んでも

家に本のスペースを取られなくていい。それがとてもいいです。

なので以前よりいろんな本を空き時間に読むようになりました。

気に入った本は電子書籍で買い、読み返すようにしています。






最後までお読み頂きありがとうございます(*^_^*)
もしよかったらクリック↓お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村]