読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなモノだけに囲まれた暮らし

賃貸の2LDKに“わたし・オット・息子”の家族3人で暮しています。マイホームの様な凄くステキな空間は作り出せないけど、“持たない暮らし”の中で工夫して“毎日気持ち良く” “おしゃれ♪なんてときめいたり”そんな“好きなモノだけに囲まれた暮らし”を目指しています。


お気に入りを少しだけ。【下駄箱編】

おうち 持たない暮らし 暮らし

賃貸の下駄箱は小さいです。

 

持つ靴を減らせば、

 

スッキリと快適に使う事が出来ます。

 

 

わが家の下駄箱です。

 

 

 

 

私は育児中まっただ中で働いてもいないのでスニーカーが主です。

 

今まで履いていたヒールは全て処分もしくはメルカリで売りました。

 

 

 

あと置いているのはオットの靴と来客用スリッパ。

 

オットのスリッパ。

 

 

赤い箱には使い古した靴下を入れて、

 

帰宅してからの革スニーカーなどの汚れをサッと拭いています。

 

銀色の箱は主人の革靴メンテナンスセットです。

 

 

 

冠婚葬祭用の黒いパンプスはめったに使わないので、

 

外にある倉庫にしまっています。

 

 

本当はこの下駄箱の天板が下までずっとあるのですが、

 

靴の量が少ないので、下の天板をはずして使っています。

 

 

 

 

 

一番したには右の空いているところにオットの通勤用リュックを。

 

左側には雑紙のゴミをまとめてDMなどは

 

出来る限り玄関で確認し、捨てるようにしています。

 

 

 

 

 

 

扉に100均で買って来た未看にミニフックを張り付け、

 

はさみや段ボールの開封用カッター、ボールペンを。

 

無印の小ぼうきは玄関のたたきを掃いたり

 

ゴミ捨ての日にまとめたゴミ袋を玄関に持って行きがてら、

 

マキタの掃除機の中を掃除するのにも使ったいます。

 

マキタの底にほこりがくっついているので、

 

このほうきを使ってゴミをかきだしています。

 

 

 

 

玄関扉にはマグネットフックに鍵をかけています。

 

帰ってきたら、息子を抱っこしたままでも

 

引っ掛けておけるので、便利。

 

その辺に置いて外出時に探す事も無くなりました。

 

 

せまい賃貸のお部屋ですが、

 

工夫して使っています。

 

 

 

靴はつい処分や見直すタイミングが失いがち。

 

今、使わないモノは

 

いつかのためにとっておくより、手放して

 

必要になった時に好きなモノを買う。

 

 

欲しくなった時には、

 

どんなデザインのどんな色で、どんなモノが欲しくなるか分かりません。

 

生活スタイルや、年齢、趣味が移り変わって行くとともに、

 

好きなモノも変わっていく。

 

 

 

ただ、時代が変わっていっても変わらずに好きでいれるモノ。

 

大切にしていきたいと思えるお気に入りを見つけて

 

持っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

よかったら↓クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村